◆ユングサロン/最新セミナー

※事前のお申込みは不要ですが、初めて参加される方は、下記事前受付登録にご協力お願いします。

   PCの方

   スマホの方

   携帯の方

2017年(後期)テーマ『日本(人)のこころの原風景』

日時:11月16(木)  19:00~21:00 (開場は18:45)

 

会場:中野区産業振興センター(旧称 勤労福祉会館)

 

演題:「茶道と日本文化の侘びの美学

    〜そのリベラルアーツ・フィロソフィーとしての系譜を巡って

 

<講師からのメッセージ>

 「アートとしての茶道」ということが、当研究所の標語であり、一般的な茶道教室との立場の違いです。本来の茶道はナチュラルで、セラピューティックなアートとして、捉えられるものであるということです。――このアートとしての侘び茶道の系譜は、例えば、最近の映画の「利休にたずねよ」や岡倉天心の『茶の本』などにも、随所に垣間見られる問題意識であるといえるでしょう、

 しかし、芸術とはいっても、茶道には絵画や彫刻のようなジャンルの如くに、目立った作品制作の場面は見当たりません。むしろそのことが、アートとは何か?美とは何なのかという哲学的テーマや、或いは、侘びという名の野生の美学が導く芸術的教育論の領域に我々の心を誘ってくれるのです。すなわち、それは伝統的な我国の文化史の底流に流れるタオ=道としての芸術論であり、また、LIFE IS ARTというリベラルアーツのコアな問題関心への入り口ともなるのです。

 セミナー後半では、フィンランド留学から一時帰国中の尾崎真奈美さん(相模女子大学人間心理学科教授)に、当茶室における御稽古体験談や、最近のサバティカルにおける北欧茶会の模様などについても語っていただく予定です。なお、時間が許せばマルセル・デュシャン以来の、「芸術とは何か」ということ自体をテーマとしたコンセプチュアル・アートの一例として、数式で書かれた私の作品「美の方程式」も例示できたらと考えています

 

 

講師プロフィール黒川五郎  Kurokawa Gorou

 略歴:哲学者、茶道家。慶応大学文学部卒業後、教職の傍ら人間形成の芸術論(WINGED CROSSING)を着想。教育哲学会での研究発表が好評を博し、青山学院大学講師等を兼任。

 現在、茶道をポスト・モダンのアートとして展開する、ティー・セラピー・スタジオ 芸術教育学研究所所長。裏千家茶名:宗五。著書・論文:『新しい茶道のすすめ』(現代書林)、『ティー・セラピーへの招待』(川島書店)他。 HP : http://tea-therapy.com 

 

■会費:1000円

■問い合わせ先: jungtokyo_info@yahoo.co.jp(研究会事務局)

 

※セミナー時に撮影した写真を当研究会のホームページやFacebook等のソーシャルメディアに公開する場合があります。あらかじめご了承ください。

 

ユングスタディ/最新セミナー ※事前の申し込みが必要です

2017年後期 「ユング『元型論』を読む (続)」(全4回予定)

平成29年9〜12月 原則各月第1木曜日(全4回)

2017年前期ユングスタディでは、ユング『元型論 <増補改訂版>』の第1〜3論文を読み進めました。ユングの元型論がひと通りの形を成す時期に当たる1930年台の論文を取り上げ、元型論のあらかたのイメージを掴んでいきました。

後期ユングスタディでは、前期から引き続く形で『元型論』の第4〜8論文を読み進めていきます。これら論文はドイツ語版・英語版ユング全集の第9巻第1分冊、第4、6〜9論文に相当するものですが、どれも様々な元型のうちの一つを取り上げて詳述する内容になっています。

 

テキスト:C.G.ユング『元型論 <増補改訂版>』、林道義訳、紀伊國屋書店、1999.5

 

 全4回スケジュール(予定)

  第1回 9月7日(木)  「母元型の心理学的諸側面」p97-138

  第2回 10月5日(木) 「母娘元型―デメテル=コレー神話」p139-170

         「トリックスター元型―インディアン神話によせて」p211-233

  第3回 11月2日(木) 「童子元型」p171-209

  第4回 12月7日(木) 「精神元型―おとぎ話に見られる」p235-287

 

テキストを購入しなくても参加可能ですが、持参することを推奨します。また、開催は原則として第1木曜日ですが、会場取得の都合により日程が変わる場合がありますので、ご注意ください。

         進行役:白田信重、岩田明子、山口正男(ユング心理学研究会)

 

時間:19:00~21:00 (開場は18:30)

会場:中野区産業振興センター(旧称 勤労福祉会館)

 

会費:1000円

 

問い合わせ先: jungtokyo_info@yahoo.co.jp(研究会事務局)

 

※セミナー時に撮影した写真を当研究会のホームページやFacebook等のソーシャルメディアに公開する場合があります。あらかじめご了承ください。

 

アクセスマップ

中野区産業振興センター  〒164-0001 東京都中野区中野二丁目13番14号

JR中野駅南口改札口を出て,左側の交番のわき道を線路に沿い直進,コンビニの手前を右折して100Mほど進んだ左側の建物,徒歩4分

シェアしてね