2010年後期テーマ「世界と人と神~人間は世界と神にいかに関わるか?」

第1回

7月15日(木)

「『バガヴァッド・ギーター(神の歌)』の人間学」

 ヒンドゥー教徒において、最も愛唱され、世界中の約40の言語にも翻訳されている聖典を読解し、神への信愛・知性のヨーガ・行為のヨーガ・放擲などの視点から、人間のあり方について考えてみたい。

 

合田秀行

第2回

9月30日(木)

「ユング『ヨブへの答え』における救済観」

 神が世界を創造して、人は神に救われる…のではない。人間こそが世界を創造し、神を救う…?論争的なユングの著作『ヨブへの答え』を通して、世界と神の間で人間が果たす役割について考えたいと思います。


白田信重

第3回

10月21日(木)

「聖書外典偽典と中東の諸宗教 ―『エノク書』を中心として―」

 聖書という書物は、いかに現在の形に編纂された?正典と認められなかった文書は?この講座では、正典化の過程で排除された文書を概観し、広く読まれ諸宗教に採録されながらも偽典とされた『エノク書』について解説します。


森下信子

第4回

11月18日(木)

「一者を廻る魂の運動 ―西洋神秘主義哲学の源流プロティノス ―」

 私たちは何処から来て、なぜ存在し、何処へ行くのか、その答えをプロティノスは述べています。一者からの万有の生成という流出論と、私たちにおける一者の内在的超越性、神秘体験とその意義について。


岡野利津子

第5回

12月16日(木)

「百物語の幸福」

 百物語とは、怖い話を百話続けてろうそくの炎を消して行き、九十九話を越すと何かが起きる.というものです。しかし実はこれ、昔の儀式でもありました。今宵は予期せぬコトを呼び込んでみましょうか?


甲田 烈

 

講師

合田秀行

日本大学文理学部准教授<インド学・仏教学専攻>

  

 

森下信子

PhD candidate at the university of Tokyo<イスラム学専攻

 

 

白田信重

ユング研究家、ユングネット会長、当会副会長

 

 

岡野利津子

学習院大学非常勤講師・哲学博士、

著書『プロティノスの認識論― 一なるものからの分化・展開―』

知泉書館, 2008

 

 

甲田 烈

相模女子大学非常勤講師。哲学者・妖怪研究家。著書

  は『手にとるように哲学がわかる本』など。関連論文多数


シェアしてね