2010年前期テーマ「こころとからだの体験世界」

第1回

/18()

『新しい茶道のすすめ』
   <ティーセレモニーからティーセラビーへ>


黒川 五郎

第2回

/18()

『中国納西(ナシ)族シャーマンとの出会い』
   <自己創造の原点を探る>


金 大偉

第3回

/15()

『ヨーガとユング心理学』
   <スピリチュアルな覚醒と変容>


新 真理子

第4回

/20()

『写真の旅とユング心理学』
   <写真から紐解く、個性化へのSTORY>


三木 知子

第5回

/17()

『遠藤周作と『深い河』の登場人物たち』
   <その宗教思想的背景と深層心理を探る>


前田 史子

 

講師

黒川 五郎

現代茶道研究家ならびに教育哲学者。今年10月に茶道の未知なる可能性に挑戦する新著「新しい茶道のすすめ」(現代書林)を上梓されました。先端を開拓するアーティスト、また貴重な日本の文化人として、当研究会でいままで数回講演されています。

  

 

金 大偉

美術・音楽・映像など様々な表現活動を国際的に展開・活躍されている著名なマルチアーティスト。一方でフィールドワークによる中国少数民族の音楽・習俗などの伝統的文化の研究家としても知られ、音楽・映像など多くのアート作品を発表されています。

  

 

新 真理子

ヨーガ、エアロビクスなどの分野のマスターコーチとして、全国的に活躍されている スポーツインストラクター。それに大学・大学院では心理学を専攻された経歴をお持ちで当研究会の今回のテーマにふさわしい講師です。

 

 

三木 知子

美術、音楽および各種スポーツの分野でも活躍されている新進女性写真家。新さんと 同様、当研究会の中核メンバーとして、今回はユング心理学の視点で日本の写真家の諸作品を検証しいただくとのことでとても楽しみです。

 

 

前田 史子

素晴らしいアート感覚をもち、文学・哲学・心理学にも造詣の深い在野の研究者。関西在住で、当研究会のネットページでは毎回適切なコメントをされています。今回は具体的文学・音楽作品とシンボル解釈ということで大変期待しています。

 

シェアしてね