2006年前期テーマ「ユング心理学と臨床・教育」

第1回

/16()

『傷ついた治療者をめぐって』

  なぜ傷をもつ者が人を癒せるのか,傷がなければ人を癒せないのか? ユング派の治療観を表す「傷ついた治療者」をめぐって考えます。


白田 信重

第2回

/16()

『サイコシンセシスと臨床―セラピーと自己実現

  愛の源泉たる自己の発見とパーソナリティの新たな統合・構築をめざす,アサジョーリのサイコシンセシス入門セミナー。トランスパーソナリスト・ユンギアン必見です。


五味佐和子

第3回

/20()

『境界に生きた心子』

  境界性人格障害の女性と過ごした日々を,『境界に生きた

心子』として上梓いたしました。現代を象徴する心の障害を,一体験者の立場から語ります。


稲本 雅之

第4回

/18()

『青年期と個性化』

  ライフサイクル上の重要なテーマ,青年期のアイデンティティの模索。今回はコラージュ作品を通じ,青年期の内的体験としてのイメージ変容にせまります。


羽下 路子

第5回

/15()

『スクールカウンセリング』

  不登校,いじめ,虐待――深刻さを増す子どもの教育現場を心理臨床家がレポートします。子どもの心理・教育・福祉に関心をよせるすべての方に。


村田 悦孝

 

講師

 白田 信重

ユングネット会長,ユング心理学研究会副会長,早稲田大学卒

 五味佐和子

赤坂溜池クリニック,臨床心理士,国際基督教大学卒

 稲本 雅之

シナリオライター,京都大学中退

 羽下 路子

飛鳥病院精神科,臨床心理士,青山学院大学大学院卒

 村田 悦孝

飛鳥病院精神科,臨床心理士,青山学院大学大学院卒

 

シェアしてね